ユーザ用ツール

サイト用ツール


ファン・デル・ワールスの状態式

van der Waals' equation of state

 ファン・デル・ワールスは,実在気体では分子間引力と分子の大きさによる斥力を無視できないことに着目して理想気体の状態式を修正し,1873年に実在気体に対する状態式(Pa/v2)(vb)=RTを提案した.ここで,P:圧力,v:比体積,T:温度,R:ガス定数,abは物質定数.aは分子間引力により定まり,bは分子の大きさに比例する量である.