ユーザ用ツール

サイト用ツール


分子衝突断面積

cross-section of molecular collision

 分子が会合して何らかの作用を及ぼし合うとき,その作用の有効な空間領域の会合速度に垂直方向の面積のことをいう.会合前後での分子系の状態をφi, φfとし,分子がこの垂直面積SSdSにあってφiφfになる確率をP(φiφf)とすると,φiφfの衝突断面積\({S_0}\left( {{\phi _i} \to {\phi _f}} \right)\)は\[{S_0}\left( {{\phi _i} \to {\phi _f}} \right) = \int_0^\infty {P\left( {{\phi _i} \to {\phi _f}} \right)} dS\]と定義される.