ユーザ用ツール

サイト用ツール


並流式熱交換器

parallel-flow heat exchanger

 熱交換器における伝熱形式で,内部流体と外部流体とが伝熱面に沿って平行に流れ,高温流体と低温流体とが同一方向に流れて熱交換が行われるものを並流式熱交換器と呼ぶ.並流式においては,高温流体の温度降下に従って低温流体の温度が上昇する.図は並流式熱交換器の流れの長さと温度変化を示したものである.高温流体はT1で熱交換器に入り,低温流体に熱を与えながら出口に向い,T2で出口に到達する.一方,低温流体は\({T'_1}\)で入り,\({T'_2}\)の出口温度で器外に取出される.この場合,入口端温度差は\(\left( {{T_1} - {T'_1}} \right)\)であり,出口端温度差\(\left( {{T_2} - {T'_2}} \right)\)より非常に大きい.

1011782_01.jpg