ユーザ用ツール

サイト用ツール


ラバルノズル

Laval nozzle, convergent-divergent nozzle

 ラバル管,先細・末広ノズル,先細・拡大ノズル,中細ノズルなどという.ケルティングが開発し(1878年),ドラバルが蒸気タービンに応用した(1883年).入り口側で先細,出口側で拡大するように断面積が変化し,最も細くなる断面を喉(のど)という.先細の部分では亜音速領域の加速,拡大する部分では超音速領域の加速が起こる.のどでは音速になる.