ユーザ用ツール

サイト用ツール


MAN-M燃焼方式

MAN-M combustion system

 ドイツの自動車,エンジンメーカMAN社のJ.S.' Meurer氏の考案による,ディーゼルエンジンの燃焼方式である.1~2個の噴口を持つノズルから,半球型の燃焼室の壁面に向けて燃料を噴射し,膜状に付着した燃料を,急速回転するスワールと壁面の熱によって蒸発させ,圧縮着火させる方式である.低温時のエンジン暖機時に未燃焼のHCを排出する欠点がある.図は応用例である.

1001222_01.jpg