ユーザ用ツール

サイト用ツール


吸気ポート

intake port

 ピストンエンジンにおいてシリンダ内へ吸入空気および燃料を導く役目をしており,吸入効率,混合気の流れ,燃料の霧化・混合を支配している重要な要素である.排気ポートとの配置から,燃焼室を吸・排気ポートで横切るクロスフロー方式と吸・排気ポートが同一側に配置され,流れがUターンするカウンタフロー方式とがある.また多弁化に伴い1気筒当たり二つの独立したポートを配置した独立方式や,ポートを途中で分岐させたサイアミズ方式があり,後者が一般的である.最近は燃焼速度を速め安定した希薄燃焼を実現させるために,吸気ポート形状に工夫を加えスワールやタンブルの生成を図っている.スワールやタンブルのように燃焼室内に流動を与えると吸入効率の低下を招くため,吸気ポートの片側にバルブを設け,スワールが要求される低負荷時にはこのバルブを閉じ,片側のポートのみから吸気を供給することでスワールを生成し,高負荷時はバルブを開けることで吸入効率の向上をさせているものもあり,また,タンブルの生成には逆三角形断面を有するポート形状とすることで,タンブルの強化と吸入効率向上を両立させている例がある.