ユーザ用ツール

サイト用ツール


クラッキング点

cracking point

 ガスタービンの燃焼器において低燃料流量時から高燃料流量時までの幅広い作動範囲をカバーするために,同心状に二つのノズルを持つ燃料噴射器が一般に用いられている.低燃料流量時は内側に配置されたパイロットノズルから燃料が供給され,流量が増し,燃料圧力が設定された圧力に達すると,燃料調整弁が開きメインノズルから燃料が供給されるようになる.このときの燃料調整弁が開くポイントをクラッキング点という.クラッキング点付近では燃焼が不安定となるため,エンジンの運転ポイントと重ならない設計が必要である.