ユーザ用ツール

サイト用ツール


等容度

degree of constant volume

 圧縮比一定とすれば熱効率は,燃焼が上死点において瞬時に行われる,いわゆる等容燃焼のときに最大となる.これが理想的なオットーサイクルである.実際の燃焼は上死点の近くで開始し,その後ピストンが下降する間も続く.燃焼が上死点から遠ざかるにつれて,実質的な圧縮比が低下し熱効率が低下する.等容サイクルに対して熱効率の低下する度合を示すのが等容度である.オットーサイクルの等容度は1である.