ユーザ用ツール

サイト用ツール


ノック

knock, spark knock

 火炎伝ぱの末端部ガスが圧縮によって高温になり,自発火により急激に燃焼し,局所的な圧力上昇が起こり,シリンダ内に圧力振動が発生する現象で,異常燃焼の一種である.振動により壁面への熱伝達が促進され,熱損失が増加する.末端ガスが自発火温度になっても直ちに発火するのではなく,着火遅れ時間が存在する.その間に火炎伝ぱによる正常燃焼が完了すればノックは発生しない.燃料のオクタン価が高いほど着火遅れが長く,ノックが発生しにくい.点火時期を遅らせると,ノックが発生しにくくなる【異常燃焼