ユーザ用ツール

サイト用ツール


以前のリビジョンの文書です


インタークーラー

中間冷却器。多段圧縮における各段の間に設置され、圧縮されて高温になった空気を冷却することで密度を上げ、後段の体積効率を高める働きをする熱交換器。
内燃エンジン等では性能を上げるために吸入空気密度を高める手段としてエンジン手前にターボ圧縮機などが設置される場合があり、この圧縮後の空気の冷却を行う熱交換器が用意されることがある。一般的に圧縮後の空気の冷却を行う熱交換器のことはアフタークーラーと呼ぶが、自動車関連分野ではこれをインタークーラーと呼ぶのが慣例となっている。