ユーザ用ツール

サイト用ツール


ガス拡散法

gaseous diffusion process

 混合ガスを,その平均自由行程より小さな孔径を有する多孔質膜中を通して,高圧側から低圧側に噴き出させると,低圧側に分子量の小さい方の成分が幾分濃縮して出てくることを利用する分離法.第二次世界大戦中に,アメリカは原子爆弾の製造を目的として,この方法により高濃度のU-235を製造し,以後,旧ソ連,イギリス,フランスおよび中国も,この方法によって原子爆弾の製造を行った.しかし,膨大な電力を消費し,一回の操作で達成できる分離度も小さいため,遠心分離法などにとって代られつつある.