ユーザ用ツール

サイト用ツール


増倍率

multiplication factor

 核分裂連鎖反応サイクルの,ある世代の中性子数の一世代前の中性子数に対する比.一般にkで表す.k>1の場合,超臨界と呼び,連鎖反応が増大していく.k=1の場合,臨界と呼び,連鎖反応は一定に維持される.k<1の場合,未臨界と呼び,連鎖反応は減衰していく.増倍率は熱中性子がウランに吸収されたときの中性子増殖率η,高速中性子による核分裂係数ε238Uに捕獲されないで共鳴を逃れる確率p,ウランに吸収される確率に相当する熱中性子利用率fの4因子から構成される.