ユーザ用ツール

サイト用ツール


差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
13:1006383 [2021/10/12 18:45]
dmc02 [scruton number]
13:1006383 [2021/10/20 05:55] (現在)
dmc02 [scruton number]
ライン 7: ライン 7:
 [[09:​1000820|渦励振]]や[[09:​1002790|ギャロッピング]]等、主に柱状構造物の空力振動評価に用いられる無次元数であり、次式の通り定義される。 [[09:​1000820|渦励振]]や[[09:​1002790|ギャロッピング]]等、主に柱状構造物の空力振動評価に用いられる無次元数であり、次式の通り定義される。
  
-\[{S_c} = {\frac{2m\delta}{{\rho} D^2}} \]+\[{S_c} = {\frac{2m_0\delta}{{\rho_0} D^2}} \]
  
-ここで\({m}\)は構造物の単位長さ当たり質量、\({\delta }\)は構造物の対数減衰率、\({\rho }\)は流体密度、\({D}\)は構造物の直径である。一般にスクルートン数が大きいほど振動が抑制されやすい。[[13:​1001901|換算減衰率]]と同義の無次元数であり、風工学の分野で用いられることが多い。+ここで\({m_0}\)は構造物の単位長さ当たり質量、\({\delta }\)は構造物の対数減衰率、\({\rho_0 }\)は流体密度、\({D}\)は構造物の直径である。一般にスクルートン数が大きいほど振動が抑制されやすい。[[13:​1001901|換算減衰率]]と同義の無次元数であり、風工学の分野で用いられることが多い。
  
 ~~NOCACHE~~ ~~NOCACHE~~