ユーザ用ツール

サイト用ツール


反共振

antiresonance

 周波数応答関数の絶対値のボード線図表示例を図に示す.図中W,X,YおよびZで示す極大値の状態を共振と呼ぶのに対して,AやBで示す点を反共振と呼ぶ.共振点と同じように反共振点で周波数応答関数の位相は反転する.点f加振の点p応答の不減衰系の周波数応答関数\[{\delta _{pf}}\left( \omega \right) = \sum\limits_{i = 1}^n {\frac{{\phi _p^{\left( i \right)}\phi _f^{\left( i \right)}}}{{{k_i}\left\{ {1 - {{\left( {\frac{\omega }{{{\it \Omega _i}}}} \right)}^2}} \right\}}}} \]でみれば,この値が0の状態に対応する.

1010422_01.jpg