ユーザ用ツール

サイト用ツール


差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

13:1011065 [2021/10/05 19:14] (現在)
dmc02 作成
ライン 1: ライン 1:
 +====== Fitz-hughのマップ ======
 +
 +==== Fits-hugh’s map ====
 +
 +{{tag> ​..c13}}
 +
 +ボイラや熱交換器等の管群構造物において生じる[[09:​1000820|渦励振]]や気柱共鳴現象を評価する際には渦放出振動数を推定する必要があり、Fitz-hughのマップは、様々な配列・ピッチ比の管群構造物における[[09:​1006490|ストローハル数]](渦放出振動数を流速と管径で無次元化した値)として整理した線図である。
 +
 +
 +~~NOCACHE~~