ユーザ用ツール

サイト用ツール


ロバスト制御

robust control

 制御系の設計は制御対象のモデルに基づいて行われるが,モデルには非線形性や寄生容量の無視,パラメータ変動などに起因する不確かさが含まれている場合が多い.モデルに含まれる不確かさを許容し,粗い近似モデルに基づく制御でも性能が保証できるような配慮を加えた制御をロバスト(頑健な)制御と呼ぶ.ロバスト制御の手法としてはH制御,二次安定化,構造化特異値構成,パラメトリックな安定化手法などがあげられる.ロバスト制御は理論の実用的価値を著しく高め,制御工学における理論と実際のギャップを少なくするのに貢献した.