ユーザ用ツール

サイト用ツール


人工生命

artificial life

 1987年にロスアラモス国立研究所(当時)のLangton博士が提唱した,生命特有の現象をコンピュータの中でソフトウェア的に模擬したり,機械的なロボットなどでハードウェア的に実現したり,高分子や細胞などでウェットウェア的に実現しようとする試み.下位のレベルの個別的局所的運動が合成され,下位のレベルでは見られなかった上位の大域的秩序が形成されるとともに,上位の大域的秩序が再び下位の個別運動の発現の動機となり境界条件となるという上下双方向の相互規定関係を有する創発システムとなることが特徴である.