ユーザ用ツール

サイト用ツール


パターン認識

pattern recognition

 音声,文字,画像などのパターンが何であるかを認識すること.対象に応じて,音声認識,文字認識,物体認識などと呼ばれる.普通は,入力パターンがあらかじめ与えられているカテゴリーのどれに属するかを決める.パターン認識の方法は対象によって異なるが,以下のような代表的な処理過程がある.活字のような一定のパターンは,入力パターンと各カテゴリーのテンプレートとパターンマッチングを行う.区切られた音声,1文字だけの手書き文字,一つだけの物体は,入力パターンから特徴抽出によって複数の特徴を求めておき,それをカテゴリーの特徴と照合する.入力パターンが複数のカテゴリーと対応する場合は,分割を行ってから認識を行うか,部分パターンの認識を行いながら分割を進めるかのいずれかが必要になる.最後の場合は,入力パターン全体を一つのカテゴリーとして認識しないので,狭義のパターン認識ではない.これは,画像理解,物体認識などで扱われている.しかし,狭義のパターン認識の手法はかなり確立されていて,現在研究されている広義のパターン認識では,画像理解などと区別されていない.パターン認識の理論としては,入力パターンの確率分布の推定法と学習法,抽出する特徴の選択法と特徴の評価法,特徴からカテゴリーを決定するための決定理論,統計的パターン分類法,構文的認識法,ニューラルネットを含む認識の学習法などがある.