ユーザ用ツール

サイト用ツール


光磁気ディスク

magneto-optical disk

 書換え可能な光ディスクの一種.外部磁界を印加した状態で記録膜にレーザ光を照射して熱磁気記録を行い,光と磁気との相互作用であるカー効果を利用してデータの再生を行う光ディスク.記録膜としては希土類-遷移金属のフェリ磁性を示すアモルファス合金が用いられ,データは垂直磁化の上向き,あるいは下向きの2値状態で記録される.光磁気ディスクの書換え可能回数は107回以上もあり,十分な信頼性を有する.光磁気ディスクにデータをオーバライト(重ね書き)するためには記録されたデータを一度消去(垂直磁化を上向き,或いは下向きに揃えること)しなければならず,システムスループットが低下する.そのため即時オーバライトが可能な方式として,磁界変調オーバライトと光変調オーバライトの二方式が開発された.