ユーザ用ツール

サイト用ツール


位相差オートフォーカス

phase detection autofocus

 一眼レフカメラでは,クイックリターンミラーの中央領域をハーフミラーとして,ここを透過する光はサブミラーで反射して,オートフォーカス(AF)センサに,入射する構成となっている.AFセンサは,基本的にはフィールドレンズ,マスク,セパレータレンズ,光センサで構成され,瞳分割の原理を利用して,合焦点か,前ピンか,後ピンを,結像面の位相差を用いて検出する.被写体から発せられた,瞳分割された光束A,光束Bは,焦点より後方にあるマスクとセパレータレンズを通って光センサ面上に二つの像を形成する.合焦点のときに,二つ像の間の距離を規準間隔 d とする.前ピンのときは d ' < となり,後ピンのときは,d ''> d となる.規準間隔 d との差から,焦点のずれの大きさと方向が分かるので,瞬時に合焦点位置までレンズを駆動することができる.

15:phasedetectionautofocus_a.jpg
15:phasedetectionautofocus_b.jpg