ユーザ用ツール

サイト用ツール


エンコーダ

encoder

 運動するメカニズムの位置や変位を電子的ディジタル量として検出するセンサシステム.直線移動に用いるものをリニアエンコーダ,回転用をロータリエンコーダあるいはシャフトエンコーダという.また,出力情報の形態によって,絶対位置すなわち固有の原点からの距離や角度を常時直接出力するアブソリュートエンコーダと,一定の単位変位ごとに一つのパルスを出力し,その数を数えることにより任意の位置からの移動量を知るインクリメンタルエンコーダに分けられる.エンコーダは,目盛りパターンを記録したスケールとそれを検出するピックアップおよび信号処理部から構成され,スケールとピックアップの相対運動によってピックアップの出力が変化する.その動作原理は,光電式,電磁誘導式(磁気式)およびインピーダンス式に大別される.光電式は,光の透過または反射の有無によって一定間隔のパターンを形成したスケールに,発光ダイオードなどの光を照射し,ホトトランジスタなどの受光素子で光の強弱を検出する.電磁誘導式には,磁性体のスケールに記録した磁化パターンを再生ヘッドで読取る方式や,二つのくしの歯状の導体をわずかな空げきで向き合せ,一方(スケール)に高周波信号を供給すると,トランスの原理により他方(ピックアップ)から出力を得る方式などがある.インピーダンス式は,インダクタンス,静電容量,抵抗などの変化を利用したものである.