ユーザ用ツール

サイト用ツール


オイルホイップ

oil whip

 オイルウィップともいう.滑り軸受で支えられた回転機械で発生する軸の自励振動の一つ.滑り軸受油膜で支えられた軸-軸受系の減衰は高速回転になると一般に小さくなる傾向にあり,さらには負となるため,軸の最低次の曲げ振動モードが不安定となって,回転中心が回転面内で自励的な旋回を起こす.むちがしなうように弾性軸が大きくたわんで旋回振動することから名付けられた.その旋回速度は回転速度より一般に小さく,不安定となった曲げ振動モードの振動数に等しい.振幅が小さい旋回振動を大きい振幅のオイルウィップと区別して,オイルホワールあるいはオイルフィルムホワールと呼ぶことがある.その場合,旋回速度は軸の曲げ固有振動数よりも小さい場合が多く,真円ジャーナル軸受では軸回転速度の2分の1となる.