ユーザ用ツール

サイト用ツール


ラビリンスシール

labyrinth seal

 相対運動(往復運動,回転運動または揺動運動)する二面間に,微小な食違いすきま部(迷路:labylinth)を設け,流体をシールする非接触シールの一種.流体の圧力水頭は,この微小すきまのある食違い部での摩擦損失,絞り効果などにより減圧される.したがって,流体を完全にシールすることはできないが,ほかのパッキン(例えば,成形パッキン,オイルシール)と併用することにより,効果的なシール性能を維持することが可能.ラビリンスシールには,上記の食違い型と直通型があり,後者はもれ流体の通路すきまの断面積の急激な拡大縮小を形成している.