ユーザ用ツール

サイト用ツール


乱流潤滑

turbulent lubrication

 潤滑膜の流れは通常層流であるが,流速が速くなりレイノルズ数Reuh/νu:流速,h:膜厚さ,ν:動粘性係数)が臨界値を超えると流れは乱流に移行する.この状態を乱流潤滑と呼ぶ.流れが乱流に移行すると激しい拡散が生じて潤滑流体の粘性係数がみかけ上増加し,膜圧力が上昇する.このような圧力は次の乱流修正レイノルズ方程式により求められる.\[\frac{\partial }{{\partial x}}\left( {\frac{{{h^3}}}{\mu }{G_x}\frac{{\partial p}}{{\partial x}}} \right) + \frac{\partial }{{\partial z}}\left( {\frac{{{h^3}}}{\mu }{G_z}\frac{{\partial p}}{{\partial z}}} \right) = \frac{U}{2}\frac{{\partial h}}{{\partial x}} + \frac{{\partial h}}{{\partial t}}\]ここで,p:圧力,h:膜厚さ,Gx, Gz:乱流係数などである.