ユーザ用ツール

サイト用ツール


ラビング

rubbing

 切れ刃の上滑り作用をさし,主として研削作用に関連して用いられる.砥粒切れ刃が切りくず生成のためワークと干渉した際,干渉深さ(切込み深さ)の小さい範囲では条痕や擦痕は見られるものの切りくず生成が行われず,両者の弾性接触状態,掘り起こし状態のままで上滑り(ラビング)現象が生じる.適度のラビング作用は仕上面の光沢を高めるので好ましいこともあるが,一般には研削温度を高め,加工変質層を増大させるとされ,ドレッシングなどで切れ刃を鋭利にするなどの対策によって避けるべきと考えられている.