ユーザ用ツール

サイト用ツール


損益分岐点

break even point

 ある製品の生産に要するコストを,生産量(販売量に等しいとする)の増加とともに増加する変動費と生産量の変化に無関係に発生する固定費とに分解する.製品の単位当たり価格から単位当たり変動費を差引いた利益を単位当たり限界利益という.販売量が少ないと,販売量に関係なく発生する固定費を限界利益で回収できず損失が発生するが,販売量が増加すると固定費が限界利益によってちょうど回収され,損益なしになる.この販売量ないし生産量を損益分岐点という.損益分岐点以上の販売量になれば,利益が得られることになる.