ユーザ用ツール

サイト用ツール


リーン生産方式

lean manufacturing

 1980年代後半にアメリカ企業の再活性化の方策として提唱,実施された経営方針がリーンマネジメント(細身の経営).中間管理職を中心に事務・管理部門を徹底的に合理化して余剰人員を削減し,同時に研究開発や製造部門の自動化を促して,企業体全体を細身にして利益率を増す試み.この考え方がリエンジニアリングにつながった.リーンマネジメントの一環として,生産活動に携る社員を最少限にして生産性を高めることがリーン生産方式.生産設備の完全自動化によって直接労働者の削減を図るのに加えて,ファクトリーオートメーションの導入によって間接労働者やソフトウエア労働者数を徹底的に削減することを目指した生産方式.