ユーザ用ツール

サイト用ツール


エリアルール

area rule

 マッハ数が1を超える飛行機には衝撃波が発生しそれに伴って造波抵抗が生じるが,その大きさはおもにその飛行機の流れ方向の断面積分布によって決まる.これをエリアルールもしくは面積法則という.断面積分布の流れ方向の変化がなめらかであれば抵抗は小さくなり,一部分に面積が集中しているような機体では抵抗が大きくなる.したがって,翼と胴体の面積が足し合される断面ではそのような集中を避けるため,胴体部分の面積を少し減らし,くびれた胴体形にすることが行われる.