ユーザ用ツール

サイト用ツール


乙種防火戸

type-B fire door

 建築物の火災を制御する基本空間が防火区画で,防火戸は防火区画の局部的な開口部(おもに通路)の防護に使用される.建築基準法施行令に防火戸には甲種と乙種があり,甲種は火災時の熱と煙を相当時間にわたって遮断する性能が必要で,乙種はその性能が緩和され開口部の延焼防止を目的としている.甲種防火戸のおもな仕様は鉄製で鉄板の厚さが1.5mm以上のものまたは鉄製の骨組みで両面に厚さが0.5mm以上の鉄板を張ったものなどである.一方,乙種防火戸は鉄製で鉄板の厚さが0.8mm以上1.5mm未満のものまたは鉄および網入りガラスで造られたもの等である.