ユーザ用ツール

サイト用ツール


計器着陸システム

instrument landing system

 航空機が最終着陸進入中に,滑走路に対する正確な進入経路(方位および降下経路)を地上の電波装置が与えるシステム(ILS)である.地上設備のローカライザは方位に関する電波を出し,グライドスロープは経路角がわかる電波を出す.また進入コース上には上向きの電波を出すマーカビーコンがあり滑走路までの距離が分かる.機上ではローカライザとグライドスロープの信号を受信するとおのおのの中心線からの偏位が飛行計器に指示される.また偏位量を処理して機上の飛行制御システムと結合すると自動着陸が可能となる.ILSは精度でカテゴリⅠ,Ⅱ,Ⅲと分類され,Ⅲが性能がいちばん高い.現在このシステムは世界の主要空港に設置されている.