ユーザ用ツール

サイト用ツール


計器飛行方式

instrument flight rules

 どの飛行経路を飛行するか計画の段階から航空交通管制の承認を取り,飛行中は常時管制官の指示に従って飛行する方式を計器飛行方式(IFR)という.この方式で飛行するためには,計器飛行を可能とする諸装置を装備した航空機を用いて,かつ操縦士は計器飛行証明資格を有することが必要である.エアラインの輸送機は原則としてこの方式で飛行されている.航空管制を行うことにより,夜間や視界の悪い気象状態の場合でも,多数の航空機を安全かつ円滑に運航させることができる.