ユーザ用ツール

サイト用ツール


スーパクリチカル翼

supercritical wing

 遷音速飛行用の翼型として翼面上の局所流速がマッハ1(臨界マッハ)を超えても衝撃波が発生しないか,発生してもきわめて弱いように設計された翼型のことで超臨界翼型ともいう.形状は平らな上面と,薄くて反りの大きな後縁部を持ち,翼の上,下面の圧力差(空力荷重)は一般に後方部分で大きい,後方荷重型になっているのが特徴である.同一の揚力係数では抵抗発散マッハ数がほかの翼型と比べて大きくなるので,より高いマッハ数で飛行できるという利点を持つ.