ユーザ用ツール

サイト用ツール


ステルス機

stealth aircraft

 レーダ波の反射(レーダ・クロス・セクション)が著しく小さくなる機体を一般にステルス機という.この機体の外形としては,電波の反射を少なくするために,突起物を減らし,曲面を多くして乱反射となるようにする.また機体の材質としては電波の反射が少ない複合材や電波吸収材などを利用する.実機としては1981年に米軍のF117Aステルス戦闘機が飛行し,7年後にB-2爆撃機が出現している.