ユーザ用ツール

サイト用ツール


デルタ翼

delta wing

 航空機において平面形が三角形もしくはそれに近い形をした翼のことで,三角翼ともいう.後退翼の持つ空力弾性の問題(剛性不足)や,空力の問題(翼端失速が生じやすい)に悩むことなく大きな後退角が採用でき,かつ厚み比を小さくすることができるので,発生するじょう乱が小さくなり,超音速飛行に適した翼となる.空力中心は2/3弦長の所にあり,マッハ数によってほとんど変化しない.その反面,アスペクト比が小さくなるので,低速時の空力特性は低下する.すなわち小迎え角では揚力が小さく,大迎え角では誘導抗力が増す.