ユーザ用ツール

サイト用ツール


乱気流

turbulence

 大気の乱れであり,航空機の操縦性や乗り心地などの評価に大きな影響を与える環境条件となる.航空機の飛行性の設計で用いられる代表的な大気の乱れには,連続乱気流モデルと孤立突風モデルがあり,狭義には乱気流は前者を示す.アメリカ軍規格MIL-F-8785Cは,飛行性評価用の連続乱気流の各速度成分のスペクトル・モデルとして,フォンカルマン型とドライデン型の2種を示している.これらには乱気流のスケールと強さに関するパラメータが含まれている.