ユーザ用ツール

サイト用ツール


差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

hcci [2022/03/15 14:11]
esd09 作成
hcci [2022/03/15 14:12] (現在)
esd09
ライン 3: ライン 3:
 {{tag>..c11}} {{tag>..c11}}
  
-均質予混合圧縮着火(Homogeneous Charge Compression Ignition: HCCI)燃焼は,シリンダ内に供給した均質な予混合気をピストンによる断熱圧縮により自己着火させる燃焼方式であり,火花点火エンジン(ガソリン)の火炎伝播燃焼や圧縮着火エンジン(ディーゼル)の拡散燃焼限界を超えた希薄域での低温燃焼が可能なことから,高効率,低公害な次世代内燃機関の燃焼方式として注目され盛んに研究されていた.均質希薄混合気が2000kを超えない状態で燃焼可能な為、サーマルNOxの生成やSootの生成が無い反面、酸化反応の不完全さからHC、COの生成が比較的多い特徴を持つ.乗用車用ガソリンエンジンへの適用の主な課題としては着火時期制御の難しさがあげられるが,この燃焼方式を取り入れたマツダSKYACTIVE-Xは着火時期を火花点火で制御し火炎伝播燃焼と自己着火燃焼を組み合わせる事で市販化を可能とした.+均質予混合圧縮着火(Homogeneous Charge Compression Ignition: HCCI)燃焼は,シリンダ内に供給した均質な予混合気をピストンによる断熱圧縮により自己着火させる燃焼方式であり,火花点火エンジン(ガソリン)の火炎伝播燃焼や圧縮着火エンジン(ディーゼル)の拡散燃焼限界を超えた希薄域での低温燃焼が可能なことから,高効率,低公害な次世代内燃機関の燃焼方式として注目され盛んに研究されていた.均質希薄混合気が2000kを超えない状態で燃焼可能な為、サーマルNOxの生成やSootの生成が無い反面、酸化反応の不完全さからHC、COの生成が比較的多い特徴を持つ.乗用車用ガソリンエンジンへの適用の主な課題としては着火時期制御の難しさがあげられるが,この燃焼方式を取り入れたマツダSKYACTIV-Xは着火時期を火花点火で制御し火炎伝播燃焼と自己着火燃焼を組み合わせる事で市販化を可能とした.
  
 ~~NOCACHE~~ ~~NOCACHE~~