ユーザ用ツール

サイト用ツール


差分

この文書の現在のバージョンと選択したバージョンの差分を表示します。

この比較画面にリンクする

両方とも前のリビジョン 前のリビジョン
micro_robot_マイクロロボット [2021/09/24 18:25]
mnm02
micro_robot_マイクロロボット [2021/10/01 12:40] (現在)
mnm02
ライン 5: ライン 5:
 1mm以下のサイズのロボットのこと,マイクロマシンの一つのカテゴリと位置付けられる. 1mm以下のサイズのロボットのこと,マイクロマシンの一つのカテゴリと位置付けられる.
  自然界に見られる1mm以下の多くの動物のように,自律的に推進・センシング・エネルギー獲得するマイクロロボットを機械工学の技術で人工的に作り出すことは次世代の挑戦課題の一つであるといえる.  自然界に見られる1mm以下の多くの動物のように,自律的に推進・センシング・エネルギー獲得するマイクロロボットを機械工学の技術で人工的に作り出すことは次世代の挑戦課題の一つであるといえる.
- ロボットの定義自体があいまいであるため,マイクロロボットの定義もあいまいであるが,2つに大別するならば外力駆動型と,内力駆動型のマイクロロボットに分けることが出来る.+ ロボットの定義自体があいまいであるため,マイクロロボットの定義もあいまいであるが,推進機能の違いにより,2つに大別するならば外力駆動型と,内力駆動型のマイクロロボットに分けることが出来る.
  外力駆動型は,磁性体の外部磁場による操作,レーザーピンセットによる微小物操作などが例として挙げられる.  外力駆動型は,磁性体の外部磁場による操作,レーザーピンセットによる微小物操作などが例として挙げられる.
-内力駆動型は,ローレンツ力,過酸化水素中で白金触媒反応で発生する酸素,生体筋肉を利用した例が挙げられる.+内力駆動型は,ローレンツ力,過酸化水素中で白金触媒反応で発生する酸素バブル,生体筋肉を利用した例が挙げられる.
  応用としては,ドラッグデリバリー,生体内手術などが想定されており,基礎から応用まで幅広く研究活動が見られる.  応用としては,ドラッグデリバリー,生体内手術などが想定されており,基礎から応用まで幅広く研究活動が見られる.