ユーザ用ツール

サイト用ツール


鉄鋼材料

iron and steel, ferrous material

 鉄を主成分とする金属材料.コンクリートを除けば工業材料の中で生産量が最も多い.焼入れ,焼もどしなどの熱処理や,炭素,Ni,Crなどの合金元素の添加によって,比較的容易に優れた性質を付与することができる.多くの鉄鋼材料は,まず,酸化鉄を主成分とする鉄鉱石を還元して銑鉄にしてから,炭素,酸素,リン,硫黄などの含有量を調整して必要なら合金元素を添加して鋼を製造する.溶けた鋼は,連続的に鋳片として,あるいは一つ一つインゴット(鋳塊)として鋳造凝固された後,熱間圧延や鍛造によってさまざまな形状の素材に加工される.鋳造のみで最終製品に近い形状とする場合もある.鉄鋼材料には多くの種類がある.分類の仕方には視点の違いによっていろいろな方法があるが,成分によって炭素鋼,合金鋼に分ける方法,製鋼時の脱酸の程度によってリムド鋼,セミキルド鋼,キルド鋼などに分ける方法,仕上げ形態により条鋼(棒鋼,形鋼,軌条など),鋼板,鋼管,線材に分ける方法などがある.統計をとる場合には,日本やヨーロッパでは,通常,普通鋼と特殊鋼に分ける.用途によって,例えば耐熱鋼,ばね鋼,ステンレス鋼などに分類したり,金属組織によってオーステナイト系,フェライト系,マルテンサイト系などと分類したりすることもある.電気分解などでも製造される工業用純鉄も,継電器,電磁クラッチ,電磁石などの材料として重要な鉄鋼材料である.