キーワード: デジタルツインでかわるものづくりのこれから

FA-IT統合ソリューションによる工作機械デジタルツインの実現

No.1231, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1231-22/

はじめに デジタルツインは、アメリカの国防高等研究計画局(DARPA)で提唱され、航空宇宙局(NASA)が将来展望に掲げて以来、航空宇宙以外の分野でも広く認知されるようになった(1)。 デジタルツインの肝は、デジタル(バーチャル/サイバー)空間上に現実と“全く同じ”モノを構築する…Read More

機上計測による「アジャイルマニュファクチャリング」

No.1231, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1231-26/

はじめに 工作機械による切削加工の加工精度は飛躍的に向上してきている。各部品の精度はもとより機械を制御するソフトウェアのめまぐるしい進歩も、加工精度の向上に貢献している。 昨今話題になることが多いデジタルツインの活用がIoT化やCPS(サイバーフィジカルシステム)の展開と相まって…Read More

人と設備に依存しない安定加工を実現する加工デジタルレシピ

No.1231, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1231-30/

はじめに 近年、アメリカ合衆国と中華人民共和国での貿易摩擦や自国ファースト主義による保護貿易策やブロック経済への移行、イギリスのEU離脱や東南アジアの政治・経済不安定などの地政学リスクが高まっている。さらに、昨今のCOVID-19(新型コロナウイルス感染症)の影響により、効率的な…Read More

ものづくりを取り巻く環境とデジタルツイン活用の議論

No.1231, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1231-04/

はじめに 少子高齢化への対策、持続可能・循環型社会の実現など待ったなしの構造転換の必要性が世に叫ばれて久しい。加えて昨今は、新型コロナウイルスの蔓延が世の中のあり方をいとも簡単に覆したことを背景として、DXの浸透やリスク管理などに見られる価値観の転換も進みつつある。 上述の外的要…Read More

デジタルツインの捉え方ー シミュレーションからデジタルツインへ ー

No.1231, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1231-06/

はじめに デジタル革新技術の一つにデジタルツインが挙げられる。デジタルツインとは、フィジカル空間(現実の世界)の実像とサイバー空間(計算機内の世界)の虚像が“双子”の関係にあることを意味し、現実の世界で生じる現象を計算機内の世界で再現することを指す。これまでのシミュレーションとの…Read More

加工におけるCAEとAIの使いこなし

No.1231, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1231-10/

はじめに ものづくりにおけるデジタルツインでは、実空間(物理空間)と計算機内の仮想空間との同時運用により、作業や工程の改善や効率化が期待されている。これまでの製造現場では、試し加工を通じてプロセスの最適化、または、加工仕様を満足し得る作業や工程が検討されてきた。このようなものづく…Read More

計測とデジタルツインの関係から探る将来像

No.1231, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1231-14/

はじめに デジタルツインと計測とは切っても切れない関係にある。これは、デジタルツインが単なるシミュレーションとは異なり、現実との同期をその要件とするからである。デジタルツインにおいては、モデルを用いたシミュレーションと計測がお互いの欠点を補うことで、現象の詳細な理解やその制御を可…Read More

工作機械におけるデジタルツインの活用

No.1231, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1231-18/

はじめに コロナ禍で予測が困難な事業環境の変化によって顧客ニーズも激しく変化する時代となり、多品種少量品を大量生産並みの生産性で製造するマスカスタマイゼーションの要求がよりいっそう高まっている。加えてコロナ禍におけるものづくりの現場では、引退する熟練作業者の増加や、感染リスクの低…Read More