最新号 2月 (No.1227)

キーワード: 廃炉国際ワークショップ FDR2019

破損・堆積現象の解明を目指して

No.1211, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1211-10/

Track 1: Severe Accident Phenomena, Fukushima Accident Analysis トラック1:シビアアクシデント現象と福島第一原発の事故解析 福島第一原発(1F)で発生したシビアアクシデントから8年以上が経過し、ロボットなどによる調査…Read More

タスクベースの要素技術開発・システム化

No.1211, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1211-16/

Track 3: Robot Technology, Remote Control System 廃炉のためのロボット技術、遠隔操作システム 東北地方太平洋沖地震の影響による福島第一原子力発電所の事故発生以来、廃炉作業として、瓦礫の撤去、原子炉建屋内への経路確保、原子炉建屋内での…Read More

福島廃炉、環境改善に向けた計測技術開発の取り組み

No.1211, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1211-18/

Track 4: Radiation Measurement and Analysis Track4の概要 Track4では、ガンマ線計測を中心とした放射線計測機器開発・計測手法の開発と、化学分離操作を要しない迅速分析法の一分野としてレーザー光を活用した分析技術開発にスコープを当…Read More

質、量ともに未知なる廃棄物への取り組み

No.1211, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1211-21/

Track 5: Waste Management 福島第一原子力発電所の廃棄物 廃炉の工程を左右する存在 我が国における原子力の平和利用は、発電により利益を得る一方で、その過程で発生する放射性廃棄物の処分がすべて実現されているわけではない。そのような状況において、福島第一原子力…Read More

総説:福島第一原子力発電所の廃炉

No.1211, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1211-06/

東京電力福島第一原子力発電所の事故炉の廃炉作業は、長い道のりの一部が進んだ状況にすぎない。一方、地域の復興は大きく進展し、サイトの環境は安定した状態にある。これから廃炉の本格的な作業に取り組む計画である。難しい技術開発も最終段階に入るとともに、新たな研究にも着手していく。本国際会…Read More