キーワード: 技術のみちのり

既成概念を打ち破れ トヨタ自動車(株)

No.1187, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1187-40/

~ 2015 年度技術賞「シリンダヘッド下面の小径フライスによるターンミル加工技術」~   シリンダヘッドも工具も回す新工法「ターンミル加工」 2014年、トヨタ自動車(株)は「ターンミル加工技術」を開発し、シリンダヘッドの下面仕上加工工程を行う加工機の、小型汎用機化・…Read More

実現!燃料電池自動車の量産化 〔トヨタ自動車(株)〕

No.1185, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1185-38/

燃料電池自動車「MIRAI」 未来を見据えた目標 「2050年までに、新車CO2排出量を2010年比90%低減」これがトヨタ自動車(株)の目標である。これ以上、地球温暖化が進行しないように、なんとしてもCO2排出量を減らさなければならない。トヨタは長年、FCV(燃料電池自動車)の…Read More

最高効率の火力発電を追い求めて 三菱日立パワーシステムズ(株)・東京ガス(株)・九州大学

No.1184, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1184-44/

環境ファーストのエコ火力発電 CO2排出量の低減と化石燃料の高度利用に向けて、三菱日立パワーシステムズ(株)は、発電性能と耐久性に優れた固体酸化物形燃料電池(SOFC:Solid Oxide Fuel Cell)を開発し、産業用・業務用分散電源として極めて高い発電効率を持つSOF…Read More

24カ月で作った世界一の葛野川4号機 (株)東芝・東京電力HD(株)

No.1183, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1183-44/

電力調整力に秀でた揚水発電~可変速揚水発電 山梨県大月市の山中、地下約500mのところに、ジェット機約3台が入るほどの大きな空間がある。東京電力HD(株)の葛野川発電所だ。ここに、2014年6月に運転を開始した世界最大容量(475MVA / 460MW)の可変速揚水発電システム「…Read More

市街地とサーキットの両方で走行するための高性能ブレーキ 曙ブレーキ工業(株)

No.1181, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1181-38/

冷却性の向上でブレーキの軽量化が可能に 曙ブレーキ工業(株)は2013年に、市販ロードカー用の高性能ブレーキの開発と量産化を実現した。今回開発したブレーキは、イギリスの自動車メーカー「マクラーレン」が発売した超高性能ロードカー「P1」に搭載されている。この車は、一般道を走り、サー…Read More

走破性も燃費も! 理想のAWD車 マツダ(株)

No.1180, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1180-40/

なぜ、走破性と燃費性能を両立できたのか? マツダ(株)は2012年、新型のAWD(All Wheel Drive) 車(i-ACTIV AWD)を開発した。路面摩擦を検知する技術 で、雨や雪で滑りやすくなった道路でもスリップを防止する。 今までよりさらに安全性が向上した車である。…Read More

未来への扉を開くICT建機 コマツ

No.1179, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1179-14/

3Dデータに合わせて自動運転 (株)小松製作所(以下、コマツ)はICT(情報通信技術)を用いて全自動ブレード制御機能を搭載したブルドーザーを2013年に、作業機・操作を自動制御する油圧ショベルを2014年に開発した。この技術は土木工事の施工方法を大きく変えた。

アスベストが見えるカメラ 東急建設(株)

No.1178, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1178-11/

カメラの仕組み 建材中のアスベストは目で見ても、どこに含まれているのかわからない。 2013年に東急建設(株)技術研究所は「アスベストが見えるカメラ」を開発した。近赤外光で照らした建材を近赤外カメラで撮影すると、コンピュータが画像を瞬時に解析して、アスベストが含まれている箇所を、…Read More