最新号 9月 (No.1234)

キーワード: MaaSにより目指す社会とそれを支える次世代モビリティ技術

MaaSによるモビリティの新たな展開

No.1228, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1228-04/

はじめに 近年の技術革新により、モビリティの世界においても大きな変革が進んできている。自動車産業においては、CASEと呼ばれる100年に一度ともよばれる変革が注目されている。すなわち、Connected(繋がるクルマ)、Autonomous(自動運転)、Share & S…Read More

MaaS(Mobility as a Service)の現状と展望

No.1228, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1228-06/

MaaS(Mobility as a Service)とは MaaS(Mobility as a Service)とは、欧州MaaS Allianceによれば「さまざまな種類の輸送サービスが需要に応じて利用できる単一のサービスに統合されたもの」とされている。当行では2018年11…Read More

都市交通を改革するMaaSへの期待

No.1228, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1228-10/

都市交通の課題 都市交通の課題は事故削減、環境改善、社会包摂などである 本稿では、都市交通計画の枠組みに基づいて、都市交通の課題を整理した上で、現在注目されているMaaSが、それらを解決し都市交通を変革していく可能性について整理する。 文献(1)にも示されているが、都市交通は都市…Read More

交通不便地域におけるモビリティサービス“Mobility Blend®”

No.1228, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1228-12/

名古屋大学COIによる移動イノベーション研究 名古屋大学は、文部科学省/科学技術振興機構(JST)による産学官連携研究プロジェクトであるCOI(Center of Innovation)に採択され、2013年度から9年間の活動を行っている。この名古屋大学COI(以下、名大COI)…Read More

JR東日本が目指すMaaS

No.1228, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1228-16/

はじめに 「MaaS」は、最近では新聞紙上でも注釈なしに使われるほど一般化してきた。一方、ヘルシンキをはじめとする欧州モデルを単に日本に持ち込んだとしても、ユーザから賛同を得られるとは考えにくい。 では、「日本のMaaS」とはどのような形になるのだろうか。これを考えるうえで重要な…Read More

自動運転社会の実現に向けた学習型通信システム

No.1228, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1228-21/

研究背景 多種多様なデバイスがネットワークに接続されるIoT(Internet of Things)の普及に伴い、医療・福祉、農業、監視、電力・エネルギー、自動車、ドローン、ロボットなどの様々な分野でネットワークを介した遠隔制御や協調動作する情報サービスの高度化が期待されている(…Read More

次世代ダイナミックマップ DM2.0(協調型自動運転に向けた情報通信プラットフォーム)

No.1228, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1228-24/

自動運転の安全性向上のため各車両間でデータ共有 車両周辺を検知するセンサを搭載した安全運転支援システムや自動運転に関する研究開発が活発に行われており、レベル3の自動運転の商用化が間近である。通常は車両に搭載されたカメラやレーダといったセンサが利用されるが、見通しの悪い交差点など車…Read More

自動走行バスの社会実装に向けた取り組み

No.1228, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1228-27/

はじめに 適応クルーズコントロール(ACC)、レーンキープアシスト(LKA)に代表される乗用車の自動運転技術は着実に進化している。運転支援という位置づけであるが、SAE(Society of Automotive Engineers) が定める運転の自動化レベル2(自動車の縦制御…Read More

船舶における自動運転実現に向けた技術開発の現状と課題

No.1228, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1228-29/

はじめに 自動運航船とは? 自動車分野における自動運転技術の開発や、自動運転技術を搭載したバスや鉄道など他のモビリティと連携したモビリティサービスを提供しようというMaaSに関する取り組みも盛んになってきている。このような自動運転に関する技術開発は、近年、船舶分野においても国内外…Read More