最新号 2月 (No.1227)

キーワード: V&V―シミュレーションの 信頼性確保のために―

米国機械学会 V&V標準の動向

No.1222, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1222-06/

はじめに 米国機械学会におけるV&V標準の位置付け 固体や熱流体を対象とする機械系の数値シミュレーションのVerification and Validation(V&V、検証と妥当性確認、以下V&V)では、米国機械学会(The American Socie…Read More

オイルかき上げ現象におけるV&V

No.1222, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1222-10/

はじめに 今日の科学技術において、汎用計算機を用いたシミュレーション技術は欠かせないものとなっており、汎用計算機自体の性能の著しい向上に伴い、大規模計算が可能となり、複雑な物理現象を再現すること(複合現象の解析)も可能となりつつある。シミュレーション技術はサイエンスやエンジニアリ…Read More

土木分野におけるV&Vの現状

No.1222, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1222-14/

 学会動向 土木系学会の委員会紹介 「土木分野の数値解析におけるV&Vに関する小委員会」(以下、当委員会)(1)は、次の三つの活動を掲げ、2014年に土木学会の応用力学委員会の中に立ち上げられた。 ①国内外の関連分野のV&Vの動向調査と分析 ②各材料分野における数…Read More

土木分野のV&Vに関する事例紹介

No.1222, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1222-18/

土木工学とは? 土木工学とは、良質な生活空間の構築を目的として、社会的・経済的基盤の整備(インフラ整備)や自然災害の軽減・防御のための技術について研究する学問である。主な対象は、道路、鉄道、港湾空港などの交通運輸施設、ダム・堤防などの海岸河川保全施設、上下水道・電力・ガスなどのラ…Read More

原子力分野におけるV&V規格の動向

No.1222, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1222-22/

原子力分野におけるシミュレーションの役割 事故のシミュレーションによる安全性の確認 原子力分野では、原子炉の事故のシミュレーションが以前より行われてきた。代表的なものに原子炉冷却材喪失事故がある。日本における発電用原子炉は、原子炉を軽水で冷却する軽水炉である。原子炉は高圧にして軽…Read More

原子力分野におけるシミュレーションの信頼性確保

No.1222, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1222-26/

基本的な考え方と具体化の試み 原子力分野では、原子炉物理、熱流動、構造解析などの多岐の技術分野にわたって原子力関連施設の設計、建設、運転の各段階でシミュレーションが活用されており、シミュレーションの信頼性を確保する方法論として、モデルの検証および妥当性確認(V&V: Ve…Read More