最新号 9月 (No.1234)

キーワード: Withコロナのノウハウ

感染予防対策を徹底した「実工学」教育

No.1234, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1234-50/

Withコロナのノウハウ-大学教育編- 200名強の学生に対する実工学教育 一人一台にこだわった対面実習の工夫 日本工業大学は「実工学の理念」を建学の精神に掲げており、この理念にもとづく工学教育を実現するため、機械工学科では実験・実習を主体としたカリキュラムを構築している。当学科…Read More

コロナ禍における研究所運営

No.1232, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1232-36/

Withコロナのノウハウ-研究機関編- 職員の安全確保が最優先 感染防止に努め勤務形態が激変 電力中央研究所(以下、電中研)において、新型コロナウイルスへの危機管理に関して最初に所内周知されたのは、2020年2月中旬であった。本稿を執筆している2021年5月(以下、現時点)に至る…Read More

芝浦工業大学におけるコロナ禍の学生ケア

No.1231, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1231-40/

Withコロナのノウハウ-大学教育編- コロナ禍の中で新入生を迎え入れる 突然のキャンパス入構制限。その最中、新たな大学生活に期待と不安を抱えた新入生のケアが重要 2020年2月、芝浦工業大学 システム理工学部 機械制御システム学科1年生の担任として、新入生オリエンテーション(パ…Read More

コロナ禍の中での実習

No.1230, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1230-44/

コロナ禍での対面講義 対面でしかできないこと 「工作実習」は、素材から製品への変換過程を体験し、材料加工のメカニズムを理解し、加工に関連する計測技術を習得することを目的とした必修科目である。この講義には大学内の実習工場にて旋盤、フライス盤などの工作機械で金属を加工する実習が含まれ…Read More

オンライン実験実習の試み

No.1229, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1229-42/

Withコロナのノウハウ-大学教育編- オンラインでの実習 「手を動かし」、「観察し」、「考える」ために 2020年度春学期の関西大学の授業は、遠隔での実施となった。実験実習科目も例外ではなく、オンラインでの対応が求められた。筆者は、1年次の導入科目「機械工学入門」のエンジンの分…Read More

実験授業へのコロナ感染症対応

No.1228, https://www.jsme.or.jp/kaisi/1228-40/

急なキャンパス入構禁止処置 国内感染者は、2020年4月1日に250人超、3日に350人超となり4月8日から急遽入構禁止処置 大変急なキャンパス入構禁止処置であった。春学期の授業をオンライン化する話は既に3月から出始めていたが、4月8日からの入構禁止処置が決まったのは、4月6日で…Read More