日本機械学会サイト

目次に戻る

2023/1 Vol.126

バックナンバー

特集 学会横断テーマ「機械・インフラの保守・保全、信頼性強化」

土木学会と日本建築学会の連携活動と土木学会内の横断型活動

中村 光(名古屋大学)

はじめに

(公社)土木学会と(一社)日本建築学会では、社会的な課題解決のために、2021年に連携に関する覚書を締結し学会間連携を進めている。また土木学会内でも、メンテナンスに関する事項をはじめとしてさまざまな分野間の連携を進める横断型活動を行っている。本稿では、土木学会における学会間連携や学会内連携の現状について紹介する。

土木学会と日本建築学会

土木学会は、1914年に設立され(前身の工学会は1879年設立)、現在の会員数は約3万9千人である。土木工学の進歩および土木事業の発達ならびに土木技術者の資質向上を図り、もって学術文化の進展と社会の発展に寄与することを目的とする学術団体である。また、その特徴としては、橋や堤防などの人工公物や、河川や海岸などの自然公物を対象として、道路法、河川法、港湾法を始め、社会インフラに係わる各種法律と係わることが多いことである。

日本建築学会は、1886年に設立され、現在の会員数は約3万5千人である。建築に関する学術・技術・芸術の進歩発達を図り、もって社会に貢献することを目的とする学術団体である。また、建築基準法と深く関わる分野という特徴がある。

会員ログイン

続きを読むには会員ログインが必要です。機械学会会員の方はこちらからログインしてください。

入会のご案内

パスワードをお忘れの方はこちら

キーワード: