日本機械学会「機械遺産」  機械遺産 第9号/MECHANICAL ENGINEERING HERITAGE NO.9
ゐのくち式渦巻きポンプ
Prof. Inokuchi's CENTRIFUGAL PUMP
 このポンプは東京帝国大学教授の井口在屋(いのくちありや)が発明し、教え子の畠山一清が実用化の研究を進め、畠山が所属する国友機械製作所が製造したものである。井口のポンプは当時世界でも注目を集める画期的な発明であった。国友機械製作所が経営に行き詰まると畠山は自宅を事務所とし、「ゐのくち式機械事務所」を起こし、引き続きポンプを実用化し製造にあたった。この「ゐのくち式渦巻きポンプ」は揚水用ポンプとして、千葉県桁沼揚水機場で1965(昭和40)年代まで用いられてきたのである。井口の理論を応用した渦巻きポンプは現在も製作されている。
《写真提供:博物館明治村》
公開
博物館明治村
●開館時間: (3月〜10月)9:30〜17:00、
(11月)9:30〜16:00、
(12月〜2月)10:00〜16:00
(開館時間は変更することがあります)
●利用料: 大人1,700円、大人65歳以上1,300円、大学生1,300円、高校生1,000円、小・中学生600円
●利用できない日: 12月〜2月の月曜日、12月31日、1月と8月に休館日有り
●住所: 〒484-0000 
愛知県犬山市内山1
●電話番号 : 0568-67-0314
●HPアドレス: http://www.meijimura.com
●交通機関: 名鉄犬山駅から明治村行バスで20分

 

 

All Rights Reserved, Copyright (C) 2016, The Japan Society of Mechanical Engineers.