日本機械学会「機械遺産」  機械遺産 第18号/MECHANICAL ENGINEERING HERITAGE NO.18
コマツブルドーザーG40
(小松1型均土機)

KOMATSU Bulldozer G40
 コマツブルドーザーG40(小松1型均土機)は、日本のブルドーザーの元祖である。
 第二次世界大戦中、空港基地建設などの目的で、国から重土工機械の生産要請があった。これに応えるため、すでに開発・製造していたガソリン機関トラクターの前方に、押土用のブレードを装着するという改造により誕生したのが、国産初のブルドーザーG40である。1943(昭和18)年当時のブルドーザーの作業機は、米国製でもケーブル式が主流であったが、本機は油圧方式を採用しており、非常に画期的であった。
 コマツテクノセンタ(静岡県)に展示されている現存機は、戦中フィリピンで稼働し、終戦後、米国の接収で海中に投棄されたが、のちに引き揚げられ、オーストラリアの農場で使用されていたものである。1979(昭和54)年に発見され、35年ぶりに祖国である日本に帰還し、現在に至っている。
《写真提供:コマツテクノセンタ》
公開(事前予約)
コマツテクノセンタ
●開館時間: お問い合わせ下さい。
●利用料: 無料
●利用できない日: 土日祝および年末年始・夏季などの会社休業日が休館日ですが、平日でも利用できない場合があります。事前にお問い合わせ下さい。
●住所: 〒410-2506
静岡県伊豆市徳永697
●電話番号: 0558-83-2930
●HPアドレス: https://home.komatsu/jp/techno/
●交通機関: JR伊東線伊東駅または伊豆箱根鉄道修善寺駅より車で20分

 

 

All Rights Reserved, Copyright (C) 2017, The Japan Society of Mechanical Engineers.