日本機械学会「機械遺産」 機械遺産 第68号/MECHANICAL ENGINEERING HERITAGE NO.68
フジ自動マッサージ機
―世界初の量産型マッサージチェアー

Fuji Automatic Massage Machine
フジ自動マッサージ機 ―世界初の量産型マッサージチェアー
 本機は、フジ医療器製作所(現フジ医療器)を創業した藤本信夫により1954(昭和29)年に作られた、世界初の量産型マッサージチェアの第1号機である。これは、タイル掃除用ブラシを製造販売していた創業者が、銭湯で専門職の手を使わず気軽にマッサージできる機械を作りたいという思いから誕生した。
 戦後の物資不足の影響がまだ残る中、揉(も)み玉に軟式野球用ボールを用いたり、アームの上下調節機構に自転車用チェーンを使用したりするなど、資材調達に苦労しながら試行錯誤を繰り返し、ようやく本機の完成にこぎ着けた。
 マッサージチェアはその後、後続メーカが出現して新たな商品が販売されたことなども手伝い、社会への普及が始まり、2012(平成24)年には年間販売台数が約36万台までになった。当初は銭湯やデパートなど公共の場所に設置されていたものが、現在ではいわゆる「健康家電」として家庭にまで普及している。
 マッサージチェアはわが国で発明された医療器械であり、国民生活とその福利厚生に大きな影響を与えた、ユニークな機械の一つである。現在も可動状態にある本機は、マッサージチェアのルーツとして象徴的な存在である。

《写真提供:株式会社フジ医療器》

非公開(原則)
株式会社フジ医療器
●住所: 〒583-0995 
大阪府南河内郡太子町太子2372-95
●電話番号 : 0721-98-6870
●HPアドレス: http://www.fujiiryoki.co.jp/
●交通機関: 近鉄上ノ太子駅から車で10分

 

 

All Rights Reserved, Copyright (C) 2016, The Japan Society of Mechanical Engineers.