一般社団法人 The Japan Society of Mechanical Engineers

メニュー

学会のしおり

学会のしおり

ご入会にあたり日本機械学会の事業概略、今後の連絡方法についてお知らせいたします。是非ご覧ください。

新しい情報などはホームページ、会誌にてお知らせしております。逐次ご確認ください。

 

1.事業の概要

(1) 会誌(総合的学際的情報誌)

毎月初旬に発行、中旬までにお手許にお届けいたします。

(2) 論文集(専門分野の学術誌)

会員・会員外を問わず、すべての論文がWEB上でいつでも無料で閲覧でき、世界中に広く情報公開されるようになっております。また、論文の掲載料につきましては会員割引がございます。

日本機械学会学術誌総合サイト 

(3) 図書刊行

本会では機械工学便覧、テキストシリーズ、技術資料、蒸気表等をはじめ多数の図書を刊行しております。

会員は定価の20%程度割引となっております。

書籍のご注文はWEBサイトにて承っております。

(4) 図書閲覧

創立以降の本会発行の刊行物および、交換、寄贈を受けたもの、あるいは購入等による国内外の雑誌、図書を収めた図書室があります。会員は自由に閲覧することができ、文献複写サービス(有料)もございます。

・閲覧時間9.00~12.00、13.00~16.30(土曜日、日曜日、祝祭日は休室)

・図書の貸出しは行っておりません。

(5) 講演会

会員の研究発表と討論を主としたものの他、会員の知識向上のため時局にそった特別講演等随時開催しております。講演会での研究発表は会員にのみ認められております。

(6) 見学会

会員の知識向上に資するため工場、研究所、機械に関連のある諸施設等の見学を行っております。

(7) 講習会・セミナー

会員の要望される技術上の問題、あるいは専門知識の向上を目的としてテーマを選定し、その分野の専門家に講師をお願いして2日程度の期間で随時開催しております。会員の聴講料、教材代についてはとくに低廉にしております。

(8) 資格認定事業

計算力学技術者資格認定事業および機械状態監視資格認証事業を実施しております。機械状態監視資格認証事業につきましては受験料および更新料につき、会員割引がございます。

(9) 協力協定締結団体間の優待制度

本会は米国機械学会(ASME)等海外の学協会と協力協定を締結しており、それらの団体が主催する行事にはその会員と同じ参加費で参加できます。また書籍を会員資格の価格で購入できる場合もあります。

(10) 部門・専門会議登録

正員は本会の部門から5部門に登録いただけます(学生員修士の方は1部門登録可)。登録料は無料です。各部門がカバーする分野のキーワードはこちらをご参照ください。部門より行事等の最新のニュースが送付されます。また、分野横断的推進・専門会議を設置しており、推進・専門会議は部門とは別に登録することができます。

 

2.諸行事、新刊図書等のご案内

各種の催し物、行事のご案内、新刊図書発行のご案内等会員の方々へのお知らせは、ホームページに掲載いたしますので、お見落しのないようご高覧願います。

 

3.ご承知おき願いたい重要な事項

(1)入会承認書および会員証に記載してあります会員番号(7桁)は、今後貴台と本会を結ぶ重要な番号ですのでご記憶いただければ幸いです。会員証は入会時のみ発行いたします。再発行ご希望の際は、再発行手数料1,000円がかかります。

(2)会員相互のご連絡や学会活動の活性化のために、会員専用ホームページに電子版会員名簿を登載しております。本電子会員名簿では会員である証として、会員氏名、勤務先名称、勤務先所在地、E-mailを詳細画面に表示する仕様としておりますが、ご本人が会員専用ホームページの名簿掲載設定画面より表示内容を変更することができますので、変更をご希望の方は、会員専用ホームページにて設定をお願いいたします。なお、本電子会員名簿には、検索/PDF出力の記録や、1日あたりの検索・出力件数の制限等を組み込み、セキュリティに配慮しております。

(3)ご転勤、ご転居その他本会への届出事項に異動がありました場合は、会員専用ホームページにてご変更をお願いします。ホームページをご利用いただけない場合は、本会宛直接ご通知くださるか連絡員にお申し出ください。なおその際は会員番号も必ず付記してください。ご変更のお届けは、毎月20日までに郵便・FAX・E-mail(henko@jsme.or.jp)等にてお申し出ください。(お電話での変更はお受け出来ません)翌月より宛先を変更いたします。(以降着信分は翌々月からの変更となります。)

(4)5名以上の会員が同一箇所にご勤務または在学されている場合、会員個々のお手数を省き、郵送費等の軽減をはかるため会誌等本会から配布する物、会費の徴収などを一括して行う団体扱制度を採用しております。但し、部門ニュースレターにつきましては、個々会員へ直接郵送いたしております。団体扱の会員の方もご所属等ご変更がございましたら変更担当宛にご連絡ください。

(5)会費は毎年12月中に翌年分を前納していただくこととなっております(会費の期限切れにて自動的に退会にはなりません)。会誌やホームページにて払込み期日をお知らせするとともに、現金送金にて会費お支払いの方へは11月中旬に直接、請求書兼払込用紙をお送りいたします。また、団体会員の方は連絡員を通じて請求させていただきます。入会時に自動引落のお申込みの方は、11月に直接もしくは団体連絡員宛て引き落し通知をお送りいたします。ご確認のうえ振替日(金融機関口座12月23日・郵便局12月27日:休日の場合は翌営業日)前日までにご用意ください。翌年分会費振替のご指定口座等の変更連絡は10月末日(必着)までにお願いいたします。なお、自動引落中止のご連絡は毎年11月末日(必着)までに文書にてお願いいたします。(以降着信分につきましては、ご返金いたしかねますのでご注意ください。)

会費自動振替制度…1回の手続きでその後の会費の振込みの手数と送金の手数料が不要となります。(振替手数料本会負担)ゆうちょ銀行、その他金融機関よりご利用いただけます。

(6)会員資格は毎年自動継続です。入会年末にての自動退会はお受けしておりませんので退会届を会員証同封のうえ文書にてお届けください。お電話での退会はお受け出来ませんのでご注意ください。会費のお支払い方法が口座からの自動引落しご利用の場合は、退会届を11月末日(必着)までにご提出ください。12月に退会のお申し出を頂いた場合、本会にての引落し停止は出来ませんのでご注意願います。翌年1月以降に退会お申し出を頂いた場合、遡って前年末での退会はお受け出来ません。その場合、退会をお申し出頂いた年の12月まで会員をご継続頂きまして12月退会となります。

(7)会員証の提示によりホテル、レンタカー等の割引制度があります。ホームページでご確認のうえ、ご利用ください。新たなサービスがある場合は随時お知らせいたします。

 

「会員・会費に関する定款・細則の一部抜粋」                     定款・細則の全文

一般社団法人日本機械学会 定款・細則(一部抜粋)

(定款)                     第3章 会 員

第17条 会員が退会するには、本会に届出ることにより退会することができる。

第18条 会費を滞納した会員が、次のいずれかに該当するに至ったときは、会員資格(代表会員資格を含む)を喪失する。

(1)会費の納入が継続して1年以上されなかったとき。

(2)当該会員が死亡し、または特別員を解散したとき。

第19条 会員(代表会員を含む)が次の各号の一に該当するときは、社員総会の議決によって除名することができる。

1.本会の定款又はその他規則に違反する行為があったとき。

2.本会の事業を妨害し、又は本会の名誉を損なう行為があったと認められたとき。

3.その他除名すべき正当な事由があるとき。

第20条 会員の権利はその一身に止まる。

(細則)                     第1章 会 員

第7条 退会しようとする者は書面で届け出ることにより退会することができる。

第9条 退会した者又は除名された者は、既納会費の払いもどしを求めることができない。

                         第2章 会 費

第10条 会員は、次の入会金並びに会費を納めなければならない。但し、特別の事情がある場合は本人の申し出により理事会の議を経てこれを減免することができる。

[入会金]

1.正員 金 1,000 円 2.学生員 無料 3.会友 別に定める 4.特別員 金 5,000 円

[会 費]

1.正員年額 金 9,600 円 2.学生員年額 金 2,400 円 3.会友 別に定める。

4.特別員

特級A 年額 金 1,200,000 円 特級B 年額 金   820,000 円 特級C 年額 金   670,000 円

特級D 年額 金   450,000 円  1級 年額 金   300,000 円  2級 年額 金   180,000 円

3級 年額 金    90,000 円  4級 年額 金    60,000 円

会員は毎年1月から12月までの1箇年分会費を前年12月末日までに支払わなければならない。