No.06-19 講演募集

生産システム部門講演会2006

(生産システム部門 企画)

 

■開催日 2006年6月24日(土)
   
■会 場 慶應義塾大学 理工学部(神奈川県横浜市,http://www.st.keio.ac.jp/access/
   
■開催趣旨

設計・製造プロセス,サプライチェーン,ネットワークコラボレーション,ライフサイクル,工程設計,CAD/CAM/CAE/CAT等の生産システムに関するテーマについて,それらにかかわる技術者・研究者・学生の交流の場として部門講演会を開催いたします.多くの皆様のご講演および参加をお待ちしています.

   
■募集分野

加工システム,組立システム,ロジスティクス,工程設計,コンカレントエンジニアリング,仮想生産,製品モデル,システムモデル,システム評価,エルゴノミクス,自律分散システム,生産計画,生産設計,生産管理,設備管理,品質管理,スケジューリング,JIT,MRP,SCM,オートメーション,FA,FMS,セルコントローラ,PLC,AGV,自動倉庫,CIM,CAD/CAM/CAE/CAT,シミュレーション,循環型生産システム,省エネ・ゼロエミッション工場,生産システムのオープン化,生産システムの安全,プロジェクトマネージメント,XML応用,無線ICタグ応用,リモートメンテナンス,国際分業と協業,製造業の企業統合など生産システムに関連する諸分野

   
■募集要項
(1) 発表形式は口頭発表です.
(2) 発表時間は質疑応答を含めて20分です(講演時間15分,討論時間5分,合計20分).
(3) セッションは一般セッションと下記のオーガナイズドセッション(OS)を予定しております.募集オーガナイズドセッションの詳細が決まり次第,部門ホームページ
http://www.jsme.or.jp/msd/)にて告知いたします.
 
OS1: 生産システムの設計・管理・評価(シミュレーション,ネットワークを含む)
OS2: 生産スケジューリング(JIT,MRP,APSなどを含む)
OS3: 製造における監視・制御・検査(工作機械・加工,CAD/CAMなどを含む)
OS4: 環境適応型知的人工システム(循環型生産,生物型生産システム,マルチエージェントなどを含む)
OS5: 人と生産システム(作業支援,ネットワークコラボレーション,生産文化,製造業の企業統合などを含む)
OS6: 新生産システムの開発(企業の新ライン開発等の事例紹介を含む)
OS7: 学生研究課題発表(これから取り組みたいテーマと目標)
   
■講演申込締切日 2006年2月10日(金)
   
■原稿締切日 2006年5月12日(金)
   
■講演申込方法 学会ホームページ(http://www.jsme.or.jp/kouchu.htm)から「研究発表申込書」をダウンロードし,必要事項を記入の上,下記『講演申込先』までE-mailにてお申し込みください(講演申込締切日までに必着).
   
■講演原稿執筆要領 A4判2枚.原稿執筆要領は学会ホームページ  
              (http://www.jsme.or.jp/conrule.htm#kakikata)をご覧下さい.
   
■その他 ・使用できる機器は,PCプロジェクタとOHPとなっております.発表の際のノートPCは各自ご持参下さい.
・研究発表の採否・プログラム構成は,オーガナイザーおよび部門運営委員にご一任願います.
・本講演会では,会員以外の方の研究発表も受け付けます.最新情報は,「生産システム部門ホームページ」(http://www.jsme.or.jp/msd/)をご覧下さい.
   
   
 
■講演申込先および問い合わせ先
  日本機械学会 生産システム部門(担当職員 小重忠司)
〒160-0016 東京都新宿区信濃町35 信濃町煉瓦館5階
電話:(03)5360-3501/FAX:(03)5360-3508
E-mail:koshige@jsme.or.jp